「 自治会長 挨拶 」




 私は昨年4月自治会長をお受けしてから、慌ただしく過ぎた1年でありましたが、この間、各種団体の皆様、隣組の組長様、また地域の皆様におかれましては、自治会の各行事等にご支援、ご協力いただきましたことに対しまして、厚くお礼申し上げます。
 2年目を迎えるに当たり、従来から行ってまいりました行事等の継続は勿論ですが、今年度は春日市が平成17年度から進めているコミュニティ・スクールについて、地域の皆様にご理解して頂き、白水ヶ丘地区にコミュニティ・スクールが浸透するように、自治会として努力して行きたいと考えております。
 さて、コミュニティ・スクールとは何かと言われますと、春日市のホームページによりますと、学校の運営に地域の皆さんの声を活かすとともに、学校・家庭・地域の三者がそれぞれの役割と責任を果たしながら、共育(共に育てる)を進めることと掲載されています。 
 それでは白水ヶ丘自治会が地域として、何が出来ているかと申しますと、白水小学校で掲げられています{地域・家庭・学校で取り組む「共育11ヶ条」}、この「共育11ヶ条」の中に地域としては3ヶ条があり、紹介しますと
第1条 「地域ぐるみで子どもの安全を見守ります」  
第2条 「地域ぐるみで子どもの体験の場を支えます」
第3条 「地域行事(祭りや清掃など)でつながりをつくります。」
 これに対して自治会として第1条では、「ウチグチ見守り隊」が登下校を見守り、第2条では、陶芸教室、子ども遊び広場、子ども育成会の活動等通じて色んな体験をしてもらっています。第3条では、夏祭りでの司会、春・秋のクリーン作戦では地域の方たちと一緒に清掃をするなどの活動等を通じて地域の人たちとのつながりの場としてもらっています。
 そして、校区みんなの1ヶ条と言う事で
第11条「気持ちの良いあいさつをお互いに交わします。」
  挨拶は顔見知りでないと大人でもなかなか挨拶を交わしにくいものなので、みなさんも積極的に子ども達との関わりを持つようにして頂き、子ども達と顔見知りになり、気持ち良いあいさつが出来るようにして頂きたいと思っております。
 自治会もこの四ヶ条達成のため各行事の充実、そして、子ども育成会、ウトグチ見守り隊の更なる充実を図るとともに、学校及びPTAと積極的に関わりを持ち、支援して行きたいと思っております。例えば、長期休み期間中に公民館の空いている部屋を勉強の場として開放する。 或いは、夏休み中のラジオ体操の開催を全面的に支援するとともに、地域の方も参加して頂き、子ども達を見守って頂くように呼びかけを行ってまいりたいと思っております。
 最後に、地域の皆様が安全に安心して住める、明るい街づくりに自治会役員一同取り組んでまいりますので、新年度に置きましても、各種団体の皆様、隣組長様始め、地域の皆様のご支援ご協力のほどをお願い申し上げまして、私の挨拶とさせていただきます。